点描と稜線とは

櫻井周太と池田彩乃(@i__ayano)の詩人2名によるユニットです。

大阪で詩の合評会を主催しています。

ツイッターアカウント:@tenbyou

メールアドレス:tenbyou.to.ryousen★gmail.com(★をアットマークに変えてください)

 点描を持ち寄るとは

点描と稜線が主催する詩の合評会です。

2〜3ヶ月に1回開催されるオープンな合評会であり

日本語で書かれた詩作品1篇を提出できる方ならどなたでも参加可能です。

作品は字数・内容の制限はなし。開催6日前までにメールで提出です。

その後、開催4日前までに主催から全参加者の作品を作者名を伏せて共有します。

強制ではありませんが、当日は読むための時間を取らないため

事前に目を通しておくことを推奨しています。

私たちは個々人が自分の目指す詩のあり方を追求・探求する場を提供することを目指しています。

また主催は司会こそ担当しますが、参加者の一人として対等な立場で発言します。

十人十色、様々なかたちで詩に取り組む人たちが意見交換を行い

それぞれの目標へ到達する一助になればと思い運営しています。

詩をはじめて書く方から経験豊富な方まで誰でも参加しやすい会になっているかと思います。

ぜひご検討ください。

 

定員:10名(主催含む)

参加費:500円(場所代として)

日時:土日祝の14時〜18時

場所:フリースペースらこんて(大阪・中崎町)

懇親会:合評会終了後2時間程度。途中退出可、自由参加。

開催日や諸連絡は点描と稜線のツイッターアカウントから発信します。

合評会についてのお問い合わせはお気軽に点描と稜線へメールでご連絡ください。

© 2018 by Shuta Sakurai